2013年03月04日

母と娘のゲーム遊び

130304_k_01.jpg



( ゚д゚):どもども。またまた気が向いたから日記更新しちゃうYO!

かえる:そ、そうですか。

( ゚д゚):うむ。気分屋さんなのでな。

かえる:そうですか。。。

( ゚д゚):先日、実家に帰りまして。その時に、昔のゲームを埃まみれな所から、引きずり出してきました。

かえる:ほほう。

( ゚д゚):懐かしいの懐かしいの。

かえる:思い出ですね。

( ゚д゚):うむ。私は、母と一緒にプレイして遊んでまして。父は機械音痴なので、ゲームプレイできません。父曰く、俺がマージャンプレイしたくて買ったんだと言ってましたがねー。私が操作担当で、父に指示受けてマージャンをプレイしていた記憶があります。

かえる:そうなんですか。

( ゚д゚):ゲームソフトは、結構母の趣味で買ったものが殆どだとかそうで。

かえる:だから、吉村さんとゲームの話題が合わないと。

( ゚д゚):そーなんだよねー。私の方が年下だけども。ってことで、どんなソフト持っていたのか、写真撮ってきたので、見てくだはれ。

かえる:はーい。


130304_01.jpg


( ゚д゚):まずは、ファミリーコンピューター。略してファミコン。うーん。しぶいねぇ。

かえる:そうなんですか。

( ゚д゚):たぶん。

かえる:お、おう。。

( ゚д゚):よく母と一緒にプレイしていたのは、バルーンファイトとピンボールとヨッシーのクッキーですかね。

かえる:ほほう。

( ゚д゚):他もプレイしていましたが、音楽やらゲーム内容やら、なんだか怖くて。特に、ダメージ受けて死ぬ時の効果音が嫌いで。でもゲームの内容は見たいから、母にプレイしてもらって、死んだら即効で布団にもぐって音を遮ってました。。。

かえる:そんなに怖いんですか。。。

( ゚д゚):結構昔のゲームって、単純だけど難しくてねぇ。でも楽しかった。だいたい、学校終わったらまっすぐ家帰ってすぐにゲーム起動して、母上を呼びつけて一緒にプレイすることが多かった。そんな子供時代。

かえる:めっちゃ、引きこもりだったんですね。

( ゚д゚):いや。友達は多い方ではなかったが、結構外でも遊んでたよ。

かえる:そうなんですねー。

( ゚д゚):普通に缶蹴りとか、ドロケイとか、石なげケンケンパーとか。

かえる:おぉ。小学生らしいですねぇー!

( ゚д゚):じゃろ。

( ゚д゚):って、話しそれてた。じゃあ、次行ってみよー!


130304_02.jpg


( ゚д゚):スーパーファミコン。略してスーファミ。なんだかんだいって、トータルのプレイ時間でいったら、スーファミが一番かもしれない。

かえる:そうなんですねー。

( ゚д゚):スーパーマリオワールドなんて、本当に何回もプレイしたわー。

かえる:マリオは有名ですねー。

( ゚д゚):母と姉が、マリオの羽を使ってマントで飛ぶやつ、あれがヘタクソでヘタクソで。

かえる:ひどいいわれようですね。

( ゚д゚):まぁ基本的に、ゲームスキルは私がトップでしたから。えっへん。

かえる:勉強の方は。。。?

( ゚д゚):ダ マ レ。

かえる:ふぇぇ。

( ゚д゚):あと、ゴエモンとワギャンも好きでした。ゴエモンは私がゴエモンで、母がえびす丸。ゴエモン2の場合は、私がサスケで母がゴエモン。サスケのジャンプがないとシンドイ。

かえる:ほほう。

( ゚д゚):ワギャンも好きだった。あの後半になればなるほどの、むちゃくちゃなしりとりとか。

かえる:むちゃくちゃなんですか?

( ゚д゚):笑えるよ。ほんとうに。

かえる:へぇー。

( ゚д゚):でも、やっぱり音楽が苦手だった。怖いよあれ。

かえる:吉村さんだったら、怖がってる御大サマを見て、御大萌えー。御大萌えーっていいそうですねー。

( ゚д゚):・・・・・

かえる:・・・・・

( ゚д゚):マリオカートも熱かったー。

かえる:(流された。。。)

( ゚д゚):確か、テレビ番組やってたよね。確か、すごい走りをしまくってて、チャンピョンとかいたり。みんなクッパかドンキー使いだったようなやつ。

かえる:ほう。御大サマはどんな走りをしてたんですか?

( ゚д゚):ふつー。

かえる:お、おう。

( ゚д゚):むしろ、今の走りの方がある意味ひどいなっ!

かえる:お、おう。。

( ゚д゚):超魔界村は、おじさまがすぐにパンツ一丁になっちゃって、怖くて全然プレイできませんでした。セーラームーンとかタルるートも結構やったなぁー。たこ焼きたこ焼きー。

かえる:もう、マニアックすぎてついていけませぬ。

( ゚д゚):ミッキーのマジカルアドベンチャーは、確かテレビCMで惹かれて、父上に「今年のクリスマスプレゼントこれね」って依頼してた系子供でした。

かえる:ゆ、夢がないっ!!

( ゚д゚):クリスマス過ぎて、小学校の先生が「サンタさんに何をもらったのか、みんなで発表してみましょうー」とかいうのを始めまして。私の発表の番になった時。

私「サンタさん?サンタさんには何も貰ってないです。」
先生「え??」
私「サンタさんじゃなくて、父に買ってもらいました。」
先生「え??サンタさんでしょ??」
私「いいえ。父に買ってもらいました。」
先生「えーと、とりあえず何を貰ったのかなー?教えてー?」

( ゚д゚):今思えば、もっと空気を読むべきでした。素直すぎて先生ごめんなさい。

かえる:って、御大サマはいつまでサンタさんを信じてた派ですか?

( ゚д゚):恐らく、保育園の頃には悟ってた気がする。

かえる:えぇぇ!

( ゚д゚):いやぁ、子供の頃から、冷めてた子供じゃったー。萌えー。

かえる:いや、それは萌えにならないと思います。

( ゚д゚):また話しそれた。次に行きたい所だけど、もう1つだけ重要なことが。

かえる:なんですか?

( ゚д゚):おっぱい。

かえる:!?????

( ゚д゚):おっぱいが、たゆんたゆんするんだよ。

かえる:いきなり、何を言い出してるんですかー!!!!

( ゚д゚):ビンビン!ビンゴっていうゲームの話しです。

かえる:ゲーム・・・?

( ゚д゚):何種類かのビンゴゲームとかミニゲームとかが入ってるゲームなんですが、そのうちの1種類は、バニーガールなおねぇちゃんが、おっぱいを揺らしながらスロットを回すんですよ。

かえる:ほ、ほぅ。。。

( ゚д゚):すんげー揺れるなぁーって。子供ながらにして、はぁはぁプレイしてました。

かえる:御大サマ次行きましょう、次っ!

( ゚д゚):はーい。


130304_03.jpg


( ゚д゚):ゲームボーイですぞ。これらは、家に持って帰ってきちゃいました。もちろん初代ゲームボーイ本体も実家にありましたが、起動しませんでした。もう、限界だったからなぁ。

かえる:ほう。

( ゚д゚):本体で言えば、ゲームボーイカラーの本体赤色のやつを持っていたんですが、アドバンス買ったからいいやーって捨てちゃった気がします。

かえる:勿体ないですねぇー。

( ゚д゚):今思えばねぇ。・・・今気が付いたけど、ファミコン・スーファミ・ゲームボーイの3つとも麻雀ソフトありますなぁ。。。。

かえる:本当だ。。。

( ゚д゚):間違いなく、親の趣味ですな。

かえる:そうなんですねぇ。

( ゚д゚):この中で唯一殆どプレイしていないのは、サガ2ですね。

かえる:吉村さんが名作ーっていってましたが。

( ゚д゚):RPGだめなんす。今は、吉村さんに調教されているので、プレイしていますが。

かえる:ほほう。

( ゚д゚):装備とかめどいんです。とりあえず、殴りまくって倒して、どんどん先に進みたいんです。

かえる:お、おう。。。

( ゚д゚):ポケモンで一番好きなのは、フシギダネです。ダネダネ!

かえる:ダネダネ?

( ゚д゚):アニメのフシギダネ可愛いよぅ。もえもえー。今でもゆるぎなく、フシギダネLOVEです。

かえる:ちょっと、妬けちゃいますね。

( ゚д゚):妬いてるのか?安心しな。今の俺には、お前が必要なんだ。俺の側にずっと居ろ。

かえる:御大サマ。乙女ゲームのやりすぎです。

( ゚д゚):ごめんちゃい。

かえる:あとは、何かありますかー?

( ゚д゚):ゲームボーイカラーのソフトで写真には無いですが、ポップンミュージックのソフトを持っていました。あれは、ハマった。もう、指が覚えちゃってるぐらいにやった。

かえる:音ゲーてやつですねー。

( ゚д゚):うむ。スーファミ以降からは、ソフトを貸したり借りたりを結構していたので、実際はもう少しソフトを持っていたと思います。全然覚えてないけど。

かえる:ほほう。だから、写真では隠しているけど、油性ペンでソフトに名前が書いてあるんですねー。

( ゚д゚):そうそう。今では考えられないけど。さて、次で写真は最後です。


130304_04.jpg

かえる:いっきにソフトが減りましたねぇ。

( ゚д゚):そりゃそーだ。これは、犬夜叉とイチャラブしたいが為に買ったんだもんっ。

かえる:へっ?

( ゚д゚):最初はツンツンな犬夜叉も、こまめにコミュニケーションとれば、デレデレですよ。たまらんですなっ。

かえる:この頃から御大サマ、こういう系好きだったんですね。

( ゚д゚):今思えばそうかも。

( ゚д゚):写真にはとらなかったけど、あとはゲームギア(ソフト2つ)とゲームキューブ(マリオパーティばっかり)とプレステとプレステ2があります。

かえる:本当にゲーム好きですねー。

( ゚д゚):せやなー。おばぁちゃんになっても、視力が続く限りは、ゲームし続けたいと思いますっ!うふふふふふ。。

かえる:・・・・・・。長々と、読んで頂きありがとうございました!長くなりましたので、レスは今度にしましょう!撤収っ!!!

( ゚д゚):ふぇぇ。

posted by めがねこむすめ at 23:02| Comment(0) | 日記

2013年02月25日

東京マラソン完走日記

どうも。去年ぶりの日記です。
吉村さんが、書けとうるさいので仕方なく書こうと思います(何)

**

振り返れば、毎年ノリで応募していた東京マラソン。
今回も当選が発表されている頃、すっかり応募したことなんて忘れていました。
なので、結果を確認することもせずに1ヶ月経った頃、「東京マラソンの参加費支払いの締め切り迫ってますけど、まだ振り込まれてないですよ」的なメールが届きまして。
最初は、新手の詐欺かと思って無視しようかと思いました。
んで、なんとなくメールをチェックしてみたら、迷惑メールフォルダに当選した旨のメールがありまして。
まさかまさかと思い、検索してみたら、公式サイトからも当選のチェックができるとのことだったので、調べたところ、当選の文字が。。。。
吉村さんの分も自分で応募したのでチェックしてみたら、落選。。。。

なんだと。。。

ってことで、すぐに吉村さんに報告。
とりあえず、折角当選したんだから、申し込んでみようということになり、早速お金を振り込みました。

**

それから、まずはアウトレットで、安めの初心者向けのランニング用シューズを購入。
私だけ買う予定だったが、アウトレットで50%オフセールとかやっていて、吉村さんが「あらやだ!今だけ?お買い得じゃない!」って言う感じで、一緒にランニングシューズを購入。。。
私はあまりファッションに興味がなく、セールとか興味ないんですけど、吉村さんのほうが女性力高いなぁなんて思ってしまったけど、単純に理系だから数値に弱いのかなんて思ったりもして。

あと、自分は形から入りたがるタイプなので、ウェア関係も少しずつですが揃えていきました。

**

マラソン系の本を買って、トレーニング方法を調べました。
まずは、ウォーキングからってことで、朝仕事前に吉村さんと一緒にウォーキングしたり。
最初の頃は、たかがウォーキングでも意識しながら黙々と歩くだけで、次の日はすごい筋肉痛。

ウォーキングが慣れてきたところで、ウォーキングとランニングを短時間で交互に行うトレーニング。
これも、たかが5分走っただけで、ぜいぜいはぁはぁ。
まぁ、ペースっていうのがどんなもんかが分からなかったというのもあるかもしれませんが、己の体力のなさに、驚きと危機感が芽生えたりしてました。

それからというもの、少しずつ距離やら時間やらを伸ばしていき、ランニングだけのトレーニングになり、普通に走れるようになりました。
今では、だいたい1kmを7分〜8分ってとこで、そんなに早いスピードではないですが、10kmは苦なく走れるようになりました。
吉村さんは仕事が忙しいので一緒に週末走る程度でしたが、自分は平日も走ってました。
もちろん毎回東京ディズニーリゾート周辺ルート。
結構、日が暮れる頃とか綺麗ですし、景色も良くておススメ。
時間が合えば、パレードやショーの音楽も聞こえてきます。
あと、走り始めて気がつきましたが、結構走っている人って多いんですね。走っていると、いろんなランナーとすれ違います。

**

そして、たまたま浦安でもマラソン大会があるということで、距離も8kmと短いし、いい練習になりそうということで、吉村さんと一緒に走りました。
結果等は、吉村さんの日記やらツイッターでご存知の通り。
浦安は、震災後の復旧工事中なので、今年は8kmでしたが、普段は10kmとフルマラソンだったりするそうです。来年もチャレンジしてみたいなぁーと思ったりしています。
参加賞がディズニーグッズだったりするしね(何)

**

さて、長くなりましたが、東京マラソンの話でも書こうかと。

前日の事前登録会は、吉村さんの日記で御存じだと思います。
なかなか楽しかったですが、最終日の土曜ということで、すごい人が多かった。
かつこのイベントは別に東京マラソン走る人じゃなくても、誰でも見れるイベントなので、普段走っているランナーとかが来てたりもしたんだろうと思います。
1つの会場で、色々なシューズやらウェアを試着できますしね。
色々と試供品ゲットしました。他にも色々と見てみたい感じもありましたが、人が多くて早々と切り上げました。
そして地元に帰ってきてから、スポーツショップで当日用の栄養ゼリーとかを購入して帰宅。

前日は、興奮してるせいなのか、その日の朝寝過ぎたせいなのか、なかなか寝付く事ができず。
なんとか寝つけたと思ったら、夜中に友達の携帯操作ミスで電話が掛ってくる罠とか。
それから、恐らく2時間後ぐらいに寝つくことはできたけど、いつものようにぐっすりとはいかず。。。
早めに寝ついたので、トータルの睡眠時間は、まぁまぁ取れていると思いますが。。。

**

さて、当日。
マラソンスタート時間は9:10ですが、荷物預けとか、整列とかに制限時間があったので、早めに行動。
5:00に起床し、朝ごはんをしっかり食べ、新宿へ出発。
九段下で乗り換えた時点で、乗り込んだ電車はランナーでいっぱい(笑)
そして、新宿に到着。
会場で行けるか不安だったので、とりあえず駅内のトイレに行っておくことに。
最終的には、ここで行って正解だったなぁと思います。
そして、人の波に付いていったら、あっという間に都庁に到着。
人が一杯です。
そして、早々とランナーしか入場できないエリアまで来てしまった為、吉村さんとお別れ。
正直、前日はちゃんと自分が行くべき所に辿りつけるか方向音痴なので不安でしたが、人の流れについて行ったり、案内がでかでかとあったので、なんとかなりました。

まずは、荷物を預けるために、専用の袋に入れて、指定のトラックに渡しにいくイベントです。
あまりに寒かったので、ギリギリまで待とうかとも考えましたが、不安なので早々と自分の整列ブロックに行きたいと思い、早速預けました。
本当はその後にトイレに行っておきたい気持ちはあったんですが、すごい行列なので断念しました。
そして、人の流れにのって、自分の整列ブロックであるKに向かいました。

ちなみにKは一番後ろのブロックです。
事前に東京マラソンに応募したときに、目標タイムを入力するんですが、その目標タイムごとに整列されるんだと思います。
ちなみにK以外は、道路上に並んでいますが、Kだけは公園みたいな所で整列。
並び始めると準備運動とかできなくなりそうだったので、並ぶ前に軽くストレッチをしてから、早々と並び始めました。
正直早いタイミングで整列の列に入ってよかった。というのも、Kは並んだ列ごとに道路に出ていくので、一番早いタイミングで早々に公園を出て道に出る事ができました。

ちなみに、荷物を預けてから約1時間近くあの寒い中待機。
これが結構つらかった。。。
足踏みしたり、ストレッチしたりしても、寒い寒い。
寒さ予防で、カッパを着てる人が多かった。
東京マラソンは、カッパとか好きに脱ぎ捨ててOKみたいなので。

**

そして待つ事1時間近く。。。
やっとこさ花火の音が聞こえてスタートしたんだと分かりました。
前の方に並んでる訳ではないので、号砲が聞こえる訳でもないし、紙吹雪が見えるわけでもなく。
20分以上経ったぐらいで、やっとこさ自分がいたK列が動きだしました。
道路に出たら、進行方向と反対方向には待機しているランナーが沢山。。。
これは、整列制限時間に間に合わなかったランナーかと思います。
時間に間に合わなかった場合、最後のブロックからスタートになります。
Kブロックからのスタートになるかと思っていたけど、どうやらKがスタートしてから更に後のスタートになってしまうようです。
もし、あの時にトイレに並んでいたら、私も同じようになっていただろうなぁと。。。

さて、テクテクのんびり歩いてスタート地点に向かいますが、あまりの寒さで足が完全に冷え切っており、足の裏がガチガチに固まっていました。。。
そして、やっとこさスタート。
音楽演奏してたり、紙吹雪が舞っていたりして、うっかり都知事とかを見るのを忘れました。
そして、スタートしてから気を付けたのが、オーバースピード。
スタート直後はみんな興奮状態でスピードが速くなってしまうのです。
人の流れに付いていくと、オーバーペースになるのは、浦安シティマラソンでの経験で分かっていたし、GPSウォッチでペースも分かったので、助かりました。
(ちなみに、浦安シティマラソンでスタートした直後は、吉村さんはテンションが上がり、人の流れにのってガンガン行こうとしていたので、私が抑制したりしてました。)

ガンガン人に抜かれますが、気にしません。
マラソンは自分のペースを守るのが大切ですから。

マラソンの本とかにも書いてありましたが、確かにスタートして最初のトイレは空いていました。
行っておけばよかったかなとも後悔しましたが、最終的には途中で入ったトイレでよかったと思いました。

あと、スタートしてしばらくは、カッパが脱ぎちらかっていて、走りにくかった。
強風っていうのもあったんですが、ランナーが着ていたカッパやら上着やら、トレーナーまで道端にちらかっています。
正直、防寒という意味ではカッパ等は必要なんでしょうけど、ゴミが大量に発生するので、どうなのかなーとも思いました。
捨てずに、コンパクトに畳んで、ウェストポーチとかにしまって、ゴミを出さないっていうのも必要なのではないかなぁと思ったり。

まぁ、とにもかくにも、もくもくと走り始めました。
いつも通りの自分のペース(1kmを7分〜8分)で走りました。

東京マラソンは、色んな東京の観光スポットを巡れて楽しいという話もありますが、私にとっては色々な思い出を巡る旅だったような気もします。
吉村さんと出会うまでの20年以上は、ずっと東京都民でした。
なので、走るたびに、色々な思い出が蘇ります。

専門学校に通っていたころによく通った道だなぁとか、あぁ、半年ぐらいあそこのビルで働いたなぁ(鬱)とか、この近くの居酒屋で同期ど飲んだなぁとか。
意外に一番感じたのは、免許取りたてのころ、父教習の元よく週末に東京近辺をドライブしていたので、あぁこの辺車で走ったなぁっていうのを憶えていたこと。
色々と思い出があるものです。

だいたい9km手前ぐらいのポイントでトイレ休憩。
昨今はマラソン人気とはいいますが、まだまだ女性は少ないらしく、トイレの列は女性よりも男性のほうが長いという不思議。
このときだけ、吉村さんと親にメール。
それ以降というか、マラソン中は携帯操作はせず。
トイレ休憩したのは、結局この時だけで最後まで行けました。

平日はだいたい10kmちょいを走っていたので、20kmまではわりと余裕でした。
そして、その20km付近の御成門では吉村さんが待機。
キョロキョロ探しながら走っていたら見つけました。
会話がてら、ちょっと休憩。
関門的にはまだ余裕がある旨の情報を入手したりして、再びスタート。

折り返してきて、また御成門で吉村さんと合流。
私が走っているペース自体は遅いので、折り返しで何が怖かったって、対向車線に見えてくる審判車とか収容バス。。。。
時間的には余裕があるのは知ってはいるけど、目に見えると怖くて、ちょっとペースが上がり気味になったりしてました。
そして、吉村さんから目標タイムやらを仕入れてまたスタート。
その時に、私の両親が銀座で待っているという情報もゲット。
正直、親が応援に来る事は知っていましたが、どこで応援するのか知らなかったんです。
最初、応援に行くと行った時は断ったんですが、どうにも父が行く気満々らしく。
「お、おう。。。」っていうかんじでしたが、実際銀座で待っていると吉村さんに聞いたとき、そんなスタートから遠いところで。。。
もし私が関門突破出来てなかったら、水の泡じゃないか。。。という若干プレッシャーを感じつつも、銀座で両親が待ってるから頑張って向かおうって気持ちにもなったので、やっぱり応援ってありがたいものだなぁと思いました。

なんとか頑張って銀座に居た両親を発見。
ちょいと止まって会話。
そして、父がカメラを構えるので、疲れていたけどピースをするも、
「おとん。電源切れとるがな。。。。」とツッコミ。
そんなドジっ子父が再度電源を入れて撮影するも、
「ブレちゃったwwww」
なんだよっ!ってつっこみを入れつつも、スタート。
まぁ、そんなやりとりも、いいリフレッシュにはなっていたのかもしれません。

そして、だいたい25km超えてきたあたりから、さすがにしんどくなってきました。
時々とまってストレッチをして筋肉を伸ばしたりしてました。
26km付近の浅草橋付近で吉村さんと合流。
ゼリーを飲んだり、目標タイムやらを仕入れたり、両親が浅草で待ってる情報を仕入れて、またスタート。

相変わらず、時々休んでストレッチしたり、ちょっと歩いたりしながら、なんとかして浅草へ。
毎年、両親との初詣は浅草寺だったので、浅草周辺は見慣れた景色です。
浅草に居た両親と軽ーく会話して、母にがんばっと声援をもらってスタート。

そして、また浅草橋で待っている吉村さんを目指す。
もう、30km超えると、だいたいの人は歩き始めてます。
私も時々歩きましたが、マラソン関係の本とかで読んで知っていたのですが、できるだけ歩かない方がいいんです。
体温も下がってしまうし、次に走り始めるのが辛くなるからです。
とはいってもシンドクて。
でも、歩いても1分程度で、またすぐスタートしてっていう感じでした。
歩いていると、強風もすごかったので、あっという間に体温が下がるし、足も歩いている方が痛くなってきます。
本当に何よりも風が強くて寒くって辛かった。。。
実際、プロの選手も風が強くて大変だったって言ってたしね。。。

そして浅草橋でまた吉村さんと合流。
あと、5kmがんばれば、その後は歩いてでも完走できるという情報をゲット。
その5kmがしんどい。いつもならば、5kmの距離ならちょろいですが、もうすでに30km走っている状態からの5kmは未知数でした。
でも、今回の目標は完走。何が何でも、完走したかった思いから、死に物狂いで頑張りました。
そういえば、マラソンの本にも、30kmからが折り返し地点と思った方がいいとも書いてありました。
とにもかくにも、とりあえず前へ前へ進むことだけを考えました。
吉村さんが「次は築地で待ってるにょー!」って言っていたけど、実際その5km近い距離が凄い遠かった。
築地はまだか、まだか、という思いで前へ向かっていました。

なんとかして築地へ。
吉村さんから、なんとか完走出来そうとは聞いてはいても、やっぱり不安はありました。
のんびりしすぎていたら、今までの貯金がなくなって、関門が通過できないのではないかとか。。。

そして、吉村さんと別れて最後おいこみへ。
強風は相変わらずだし、結構都心はビルで日陰も多いので、本当に寒くて辛かった。
そして、後半に待ってる、橋の坂。
坂では必ず走るようにしてました。歩いて登るよりも早く橋を登りきれるし。
でも、いつもの練習ルートで橋の坂を走っていたので、それがいい練習になっていたのかもしれません。
平らな道を走るよりも、坂を走っている時の方が、何故かがんばれました。
あまりに寒すぎて1分1秒でも早くゴールして帰りたいっていう気持ちも強かったのかもしれません。

あと、ネットの情報で知っていましたが、佃大橋にロッキーおじさんがいるとのことでしたが、確かにいましたww
橋でロッキーの曲を流しているのです。そして、手には「ロッキーになれ!」と書かれたボードがww
確かに、私も含めてこの曲に乗せられて走り始める人が多かったww

本当に後半の、たった数キロがすごく長かった。。。
あと2kmと言われても、なかなかゴールが見えない。。。
そして、やっとこさビックサイトが見えてきて、ここにも吉村さんが居て。
もう居ないものかと思っていたんですが、意外にも観戦エリアがあったんで予定を変更してきたとか。
吉村さんと別れ最後の曲がり角を曲がったら、ゴールが見えました。
ちょっと泣きそうな気持ちもありましたが、ラストスパートと思い、残りの力を振り絞ってペースを上げようとしたら、

「(私の名前)−−−!!」

無意識に声のする方に顔が向きました。
勝手に、身体が先に反応しました。

何十年以上も毎朝、母に起こされたときの、あの声。

さすがに、疲労もピークで、ゴールしか見えていない中、無意識に反応した自分にビックリしました。
最後の最後に親が居るのは、もちろん知らなかったです。
(メールは随時していたそうですが、走ることに集中していたため、携帯を見る事はしなかったので。。。)

そこでも、軽ーく写真を取り、母に「もうチョイだから頑張れー!」と応援され。

こうもスポーツで応援されるのって、中学生の運動会ぶりかなーと思ったり。
やっぱ、親の力ってすごいなぁと実感しました。

そして、親と別れ、残り0.195kmの門をくぐり、ラストスパート。
出せる限りスピードを上げて走りました。
そして、ゴール。

終わったんだ。。終わったんだ。。という感じで、こみ上げてくる何かがありましたが、こらえました。

**

そして、その後に、完走メダルやらドリンクやら果物やらタオルやら色々と戦利品を受け取り(正直重い。。)、自分の預けた荷物を受け取る場所へ。
その間にも、マッサージサービスやら筋肉スプレースペースとかあったんですが、とっとと吉村さんと合流したかったので、もくもくと歩きます。。
正直、ここからが一番辛かったかもしれません(何)
吉村さんとの合流するために、待ち合わせスペースに向かうのですが、歩かされる歩かされる。。。
東1〜2ホールで自分の荷物を受け取り、東4〜6ホールの更衣スペース、スポンサー展示場所一度入って遠回りして出口に向かう。
ちなみにこの更衣スペースには足湯サービスとか色々あったんですが、やっぱり1分1秒でも早く帰りたかったので、無視。
そして、2Fへ上がって、長い道を歩く。
いつもの出入口は封鎖されており、そこかれ出る事もできず。
そしてそのまま西展示棟に移動して、やっとこさ待ち合わせスペースへ。
吉村さんと事前に決めていた9番の待ち合わせエリアへ。
やっとこさ吉村さんと合流し、かるく着替えというか、ウェア着たまま上着を羽織って、ズボンをはいて。
んで、そっからも長々と歩かされ、やっとこさビックサイト前へ。。。
混雑防止や、帰宅を促すためとはいえ、かなーりの遠回りでした。。。
そういえば、ビックサイト前に行く手前ぐらいに、一度階段を降りるエリアがあったんですが、階段を一歩降りたら、「ヒギーーー!!」と声を上げてしまい。。。そしたら、「ワタシモデス!!HAHAHA!」っていいながら、横向きで階段を恐る恐る降りる外国人が後ろにいましたww

そして、いつもの電車に乗り、最寄り駅に到着。
ラーメンを食した後、吉村さんに白旗を上げ、タクシーで家まで帰宅。
速攻お風呂を入れ、ぐはーーーーーとのんびりリフレッシュ。
それからは、時間と共に攻めてくる筋肉痛との戦い。。。

**

長々となりましたが、こんな感じでした。
やっぱし、東京マラソンは人気なだけあって、沿道の応援がすごかった。
あと、コスプレも色々。
何よりも、給食エリアのバナナが異様に美味かった。
疲れていたせいもあると思いますが、今まで食べたバナナの中で一番おいしかった!
あと、先程ロッキーの話もしましたが、「それが一番大事」を流している人もいて、それもちょっと活力になりましたし、沿道で楽器(トロンボーンメインかな?)を使って、「負けないで」を演奏して下さっている方々もいました。
あと、後半になってくると歩く人が多く、人を避けながら縫うようにしないと走れなかったので、恐らく42.195kmよりも長く、実際は43km近く走っていたと思います。

とにもかくにも、目標となる完走ができて本当によかったと思います。
東京マラソン完走という目標があったからこそ続けていたマラソンではありますが、実際走り始めてみるとマラソン楽しいです。
なので、とりあえず1週間は休養しますが、これからも走り続けると思います。
そして、またフルマラソンに挑戦して、かつタイムを縮めていけたらいいなぁと思っています。

とりあえず、今はこのひどい筋肉痛から早く解放されたいのぅ。。。


☆☆
・今朝、布団から上半身を起こすまでは良かったが、自力で立ち上がることができず、にゃーにゃーしてたら、吉村さんが起き「どした?」と言われ「と、トイレ行きたいけど、立ち上がれない」と涙目で訴え、吉村さんを手すり代わりにして立ち上がるという、大変な屈辱を受けたでござるの巻(何)
・昨日、フルマラソン走ったせいなのか、お腹が空きまくるでござるの巻
・登山用に購入した杖を室内で使うことになるとは・・・大変便利でござるの巻
posted by めがねこむすめ at 17:53| Comment(0) | 日記

2012年08月20日

夏休み終わり

20120820_01.jpg

20120820_02.jpg

20120820_03.jpg

20120820_04.jpg
posted by めがねこむすめ at 00:00| Comment(0) | 日記